September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

水際の花たち

「雪水の詩」56×27.5僉‘明水彩 

 

「GWどこかへ行こう」

母から言われたが、5月の個展前は自宅に缶詰状態。

それで、6月に入ってから、母に温泉旅行と言いつつ

亜高山帯と高層湿原が見れるツアーに参加。

 

この水芭蕉とリュウキンカの咲く高層湿原で

50m程さきを、白から茶色に毛が変わりかけの細長い動物が走って横切り

止まって、こちらを振り向いて、また走って林へ入った。

 

ガイドさんのすぐ後ろにいた私は、

「わ!!なんかいる!テンの細長いの!!!」

初めて見る形の動物に、凄く興奮して叫ぶと

「ああ、おこじょ やろ」

平然と返答されて、更にビックリ。

 

他の人も、普通に見ていた。

なんだ!ビックリしたのは私だけか?

おこじょ、初めて見た〜(*^0^*)

 

何よりも、水際の植物を見ていると

芦生の沢を思い出せて、幸せ。

やっぱり、水を描くのが好き。 

 

母は喜んでくれた。

年に一度は、違う森も観察に出かけたいなぁ〜。

12>|next>>
pagetop