October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ネット撤収

内杉谷の岩場に覆っていたネット。

今年の台風21号で千切れてしまった。

研究終了しているのだが、私が未練たらしく(保全したくて)残していたものだった。
『芦生の森の絵』に拘って描いているのは,
病気や体力の低下、家庭環境など何らかの理由で行きたいけど行けない人にも
森の恵みを享受していただけたらとの想いが、第一の目的。
また、日本の森について多くの人に状況を知って頂きたいことが、第二の目的
そして、森の絵による利益の一部は、森へ還元したい、これは第三の目的。
これが、保全ばかりの活動になっては、本末転倒。
もちろん、気になるけど、まずは『いい絵』を描かくことを大切に
要・不要を整理していきたい。
9時
ネットは苔やツル植物が巻き込み、なかなか外れない
5年で立木にくいこんだ縄は、カッターで何とか切り剥がし・・・
力仕事
最後に掃除をすると、人工物のない原生林の森に戻りすっきした。
11時半
水分を吸って想像以上に重いネット、
ザックの後ろにくくりつけ、ゆっくり歩いて戻り始める。
 
(左)ネット外したので枝で保護 (右)回収ネット想像以上に重かった
片付いたら、心にゆとりができたのか、絵の視点で風景が見えはじめた。
落葉した枝と黄葉するチドリノキが、日に照らされてキラキラ光っている。
帰り途、30分×3枚スケッチした。
14時
事務所へごみを出して里へ戻る
「お疲れ様〜」地元の方のニコニコ笑顔に、胸が熱くなった。

comments

   
pagetop